読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までもこれからも1番大好きな人

岡田准一

今日11月18日は自担であるV6 岡田准一の35回目の誕生日だ

 

正直、おかだくんを好きになったきっかけも時期もはっきり覚えていない

たぶん、かっこよかったから好きになった

たぶん、1999年後半頃から好きになった

こんなにざっくりとした感じでかれこれ16年ほどずっと好きでいる

 

学校へ行こうやマッハブイロクで顔をくっしゃくしゃにしてガハガハ笑うおかだくんが好きだった

だけどあるときから学校へ行こうのワイプでガハガハ笑うおかだくんは見られなくなった

「大きく口を開けて笑わないな」「なんだか楽しくなさそうだな」「心ここに非ずって感じだな」おかだくんを見てそんな風に思うことが増えた

寂しいとか悲しいとか憤りとかそういったものではなく ”なんか怖い” そんな感情をおかだくんに抱いていた

 

そしてV6がデビュー20周年を迎えた今年、雑誌等の発言でそのときの答えが出た

「ジャニーズやV6に対して反抗期だった*1」「俳優の方に気持ちがいっていた時期がある」

きっとあの頃なんだろうな、とすぐに分かった

 

だからこそ、

今年に入ってから誌面上でよく言っていた「芝居の方に気持ちがいった時期ももちろんありました」をおかだくんの口から直接聞けたこと*2

「『岡田がここにいて笑ってくれてるのが嬉しい』と言われてから僕も変わったと思います」*3と、言っていたこと

「楽しい」「メンバーにもファンのみなさんにも感謝しています」「みんないい人を好きになりましたね」と、今回のコンサートでたくさん発言していたこと

こういった言葉たちで

“この人は今、本当にV6のことが好きなんだな” 

“V6でいることが本当に楽しいんだな”

と実感することができた

直接聞けたことでようやく安心することができた

どれだけ俳優業に精を出していたとしても日本アカデミー賞W最優秀賞を受賞しようともこの人は絶対にV6に(気持ち的に)帰ってきてくれる、と思えた

もう大丈夫だな、と

 

 

金髪エクステが心底嫌だった

キスシーンが嫌だった(これはただの小学生の嫉妬)

この人楽しくなさそうだなと何度も思った

何で20歳でやめて…って発言ばっかりするんだよって思った

だけどそんなときでも、どんなときでも、わたしの中で世界で1番かっこいい人は岡田准一だったし、今でもそうだ

 

ストイックで努力家な俳優・岡田准一

ぶっ飛んでいて何でもやるひらパー兄さん岡田准一

かわいい後輩大好きおじさん・岡田准一

どれもどれもどんな岡田准一も好きだけど、やっぱりわたしは

5人のお兄ちゃんたちのことが大好きで歌って踊るⅤ6・岡田准一が1番好きだ

 

大きく口を開けてガハガハ笑わない華奢で王子様みたいだったおかだくん*4よりも、恰幅が良くなって(今の映画撮影が終われば痩せてほしいけど)、人のお尻ばっかり触る変態みたいになった今のおかだくんの方が大好きだ

おかだくんが楽しければわたしも楽しい!

 

35回目の誕生日も V6の岡田准一 をお祝いさせてくれてありがとう

V6をやめないでいてくれてありがとう

 

改めて、岡田准一さんお誕生日おめでとうございます

 

 

 

 

 

自担をおかだくんにした16年前のわたし、

もやもやすることもあるでしょう

何でこの人のこと好きなんだと思うこともあるでしょう

だけどね、それでもずっと好きなんだよ

嫌いになんてなれないんだよ

 

いろんな気持ちを乗り越えた今、すごくたのしいよ

おかだくんのことがもっと好きになってるよ

*1:他のメンバーは反抗期だと思っていなかったよう

*2:9月4日大阪公演挨拶にて

*3:10月31日代々木公演挨拶にて

*4:この頃はこの頃で好きだよもちろん